キレイなネイルも素爪から!基本のネイルケア

38view

年齢が見えやすく、荒れやすい爪と手の基本ケアをまとめました。

基本中の基本!爪の形について

丸みの多い優しい雰囲気のものから、とがった女性らしい印象の物まで、爪の形による印象の違いはさまざま。形によって印象や強度、扱いやすさが変わってくるので、自分に合った爪の形を選ぶようにしましょう。

初心者にはラウンドやラウンドオフがオススメ!
自分でファイリングする場合には、ラウンドやスクエアオフが削りやすいのでオススメ。これらの2つは、爪が割れやすい人でも短めに作ることで対応可能です。また、どんな爪の形が似合うか迷ったら、とりあえずラウンドにしてみるとよいでしょう。ラウンドはどんな指の形でも似合いやすいオールマイティな爪の形です。
初心者にオススメのラウンド
優しい印象になります
■ラウンド
サイドがストレートで、先端がやや平らな形。
ナチュラルで自然な形なので扱いやすく、誰にでも似合い優しい印象になります。
爪の長さに関わらず似合いますし、爪が小さい人や平たい人は、この形にすると優雅で上品なイメージに仕上がります。
オーバル。
強度の面ではラウンドに劣りますが、女性らしい印象に。
■オーバル
ラウンドの角をさらに削って丸みをつけた形です。少し強度が落ちますが、上品で爪が長く見える最近人気の形です。大きな爪の人や男性的な指の人が、女性らしいイメージを演出するのにオススメ。指を長く見せる効果もあります。

自宅にあるもので簡単!甘皮ケア

液体ソープ(ボディソープ、ハンドソープで代用可)
コットン
ボウル(100円ショップにあります。指先が浸れば食器でもOK)
ハンドクリーム(お好きなもの)
オレンジウッドスティック(これも100円ショップにあります)
お湯
手持ちのハンドクリームでOK
ボールにお湯と液体ソープを入れる
お風呂くらいの温度のお湯をボウルに入れ、液体ソープを入れます。
ひとたらしでOKです。
ハンドクリームを甘皮周りに塗布する
処理したい指すべての甘皮部分に、米粒大のハンドクリームを塗ります。

片手ずつ処理していくことをおすすめします。
ちょっと時間がかかりますが、キレイのため・・・!
3~5分ほど、ハンドクリームを塗った指を浸します。
オレンジウッドスティックにコットンを巻きつけたバトネというものを作ります。
コットンは内側のふわふわした部分を使いますので、まずコットンを裂きます。
あらかじめ濡らしておいたオレンジウッドスティックに、コットンを巻きつけます。
手のひらに押し付けながら回してコットンを締めます。
甘皮周りを優しく押し上げる
力を入れすぎないように、くるくると回転させて押し上げていきます。
一度で押し上げず、少しづつ…これを10本の指に施していきます。
くるくると優しく少しづつ。

日頃の保湿も大切

甘皮処理がきちんとされると、一気に指先が美しく見えます。お手入れの後は、爪やその周辺の油分が不足がちになりますので、ハンドクリームや、キューティクルオイルを使い、マッサージをしながら保湿すると良いでしょう。

爪に縦筋が入ったり表面がでこぼこすることを防ぐ効果も期待できます。ジェルネイルやネイルアートの前には甘皮を処理するようにしましょう。
ハンドクリームで保湿する前に保水も大切!
顔と同様に、まずは化粧水で保水から。
「スプレーボトルに化粧水と精製水を1:1で混ぜておくと便利で経済的。
水分がググッと浸透して肌の透明感がアップします」。指を曲げて、関節のシワ部分にも保水して。 
手の両サイドや水かき部分、指先などは塗り忘れしやすく、乾燥もしているところ。
きちんと保水することを忘れずに。
週に1回程度、美容成分たっぷりの美容液を化粧水後に塗ると肌が活性化するのでオススメ。
ハンドケアのスペシャルケアをお教えします!
それはラップを使ったパックです。
まず、角質ケアを行います。古い角質を落とします。
次に化粧水をスプレーし、保湿クリームを塗りこみます。
このとき、マッサージもしてあげるといいですね。
その上から、ラップを巻きます。
ベタベタしてしまって巻きにくいので、最初にラップを広げて置いておくといいと思います。
そしてラップした上から、温かくしたホットタオルを巻きます。
これで10分くらいおきます。プルプル赤ちゃん肌の出来上がりです。