素材別の冬靴の収納&お手入れ方法

48view

靴も衣替えが大切です。ワンシーズンでダメにしてしまわないように、お手入れ方法などをまとめました。

ムートンブーツ

【1.さっと表面や靴底周辺の汚れをブラシで落とす】

いつもお使いの靴用のブラシで構いません。
全体のほこりや泥などを払い落としてあげましょう。

ただ、羊革(ラム・シープ)など柔らかい革の場合には毛のしなやかなブラシでないと
キズがついてしまいますね。
LeBeau ルボウ馬毛ブラシ(白)

馬毛のブラシが柔らかく良いそうです。
【2.STOP雑菌繁殖!内側の除菌消臭】

ブーツといえば、除菌・脱臭。
これから長く、よどんだ空気の中に保管するのですから、内側に雑菌がたくさん残ったままだと
まるで培養実験状態です。

内側に残る雑菌が繁殖することで、カビや取れない臭い、シミを引き起こす
ことがありますので、何をおいても除菌スプレーは欠かせません。
ムートンブーツはくたっと倒れることは少ないので
着用した後は、しっかり除湿消臭をしてあげることがポイントです。

フェイクムートンの場合

リアルムートンと比べるとかなり軽くて扱いやすいことや、リーズナブルなのがフェイクムートンのよいところ。素材はたいがいポリエステルです。
起毛してあり水や油汚れに弱いほか、湿気が抜けずこもりやすいこと、静電気が起こりやすくホコリなどの汚れを吸着しやすい事が予想されますので、購入したらすぐに撥水スプレーをしておくとよいでしょう。

普段のお手入れはリアル同様、外側(内側から出たフワフワ部分も)ブラッシングと、内側の湿気対策。柔らかいブラシがおすすめです。また高温で変形しますので暖房器具のそばに置かないように。汚れてきたら、水で湿らせた布でふき取り、シミにならないよう乾いたタオルで水気をできるだけ吸いとってから、陰干しでしっかり乾かし、乾いたらブラッシングと撥水スプレーを。

取扱表示に「水洗いOK」とあれば、アクロンなどの洗濯用中性洗剤を使って洗うことも可能です。その場合は、以下の方法で。

まず、バケツにぬるま湯と洗剤(量は洗剤の使用方法に従います)を入れてブーツをしばらく浸し、中でフリフリと揺らして洗います。毛が剥げやすいのでやさしく扱いましょう。その後、きれいなぬるま湯か水で数回すすぎ、タオルで水気を拭きとります。乾きにくい内側は特に念入りに!

最後は風通しのよい日陰で数日干しますが、浸し洗いは乾きにくく、型崩れしやすいのが難点。しっかり乾かしましょう。絶対やってはいけないのはドライヤーなど高熱にさらすこと。熱に弱い素材なので変形や変質の恐れがあります。

乾いたらスエード用ブラシや馬毛などの柔らかいブラシで表面の毛並みを整え、撥水スプレーを外側全体にかけてさらに乾かします。収納するときは十分に乾いたことを確認し、しっかりと湿気対策・型崩れ対策をしましょう。

皮素材のブーツ

まず、ブーツを日陰で干し、ブーツについた湿気を取ります。外で干せない場合は、部屋の温かいところに、新聞紙を敷いて、その上にブーツを置いておいてもいいです。
それから、靴屋などで売っている汚れ落としのクリームとスポンジ又は手ぬぐいなどの柔らかい布を使って、きれいに表面の汚れを落として、磨きましょう。

もし、靴用の保湿クリームを持っていたら、汚れ落としのクリームで汚れを落とした後に、それを全体に塗るといいでしょう。

それから、もう一度日陰で干します。できれば、2~3日ぐらい干して、湿気を取り除くようにしましょう。
靴を買った際に靴が入っていた箱を準備します。そして、靴の中に、ブーツキーパーか、新聞紙や靴を買ったときに入っていた厚紙などを入れて、型崩れしないようにします。

そして、ブーツを箱に入れます。できれば、乾燥剤(シリカゲル)を入れるといいでしょう。よくクッキーなどを買うと入ってくるものです。乾燥剤を入れると、靴にカビがつくのを防ぐことができます。そして、横にして、保管します。

起毛素材のパンプス

起毛素材専用のブラシを一定の方向ではなく縦横無尽に細かく動かしてブラッシングすると、毛の中の汚れも取ることができます。
起毛素材の場合、テカテカに光った状態が汚れの証。テカりがなくなるまでブラッシングを。両面のクシの素材がそれぞれ異なるブラシは、汚れ落としと毛並みを整えるためと、1本で使い分けができるようになっています。
汚れと一緒に色も抜けてくるので、補色用のカラースプレーで色を補う必要があります。靴の内側に色が入ってしまわないようにタオルなどを詰めてからスプレーしましょう。20~30cm離して全体にサッとスプレーしてから5分程度放置。乾いた状態を見てから色を重ねるようにすると、ムラや濃すぎるなどといった失敗がありません。このスプレーには色だけでなく革に栄養を与える効果も。仕上げにブラッシングをするとよりキレイに!
補色スプレーの後にも防水スプレーを。

エナメル素材の靴

1. エナメル専用の汚れ落としクリーナーを柔らかい布につけ、靴全体の汚れを軽く拭き取ります。
2. 柔らかい布でから拭きをします。
※エナメルの場合は光沢を失うため防水スプレーは使用しません。